分からないを理解する


家庭教師を任されるレベルの学力を身につけた方にとっては、成績下位で悩んでいる生徒さんを理解できないことがあるかもしれません。 なぜ、こんな簡単なことが理解できないのかと悩むこともあるでしょう。 でも、本当に分からない人もいるのです。


一生懸命走った運動会で、走るのが速い子にあっさりと抜かされて悔しい思いをしたことはありませんか? 運動能力に差があるように、何度教えても理解できない子供もいるのです。 そんな時、子供を攻めてはいけません。 子供だって、理解できないままの授業を受けるのは辛いのです。学校では、分からないまま、どんどん授業が進み、取り残された気がして孤独を感じている生徒さんもいるでしょう。


そんな状況を救ってあげられるのが、優れた家庭教師です。 自分の教え方で、どこが分かりにくいのか、冷静に分析してみてください。 ここで大切なのは、理解できない生徒さんの立場にたって考えることができる「人間性」と、丁寧に分かるように伝えられる「対話する力」です。 授業が分からないことに対する不安を和らげ、どこまでなら分かるのか、どうしたら理解できるのかを、一つ一つ、丁寧に対話しながら、問題点を解決していくことが大切です。


家庭教師はものを教えるプロ

理想の多家庭教師になるために「家庭教師はものを教えるプロ」であるということを認識しましょう。

詳しくみる…

根気強さが大切

理想の多家庭教師になるためには「根気強さ」がとても重要です。

詳しくみる…